FF-X29A G-PARTS HRUDUDU Gパーツ フルドド HG

FF-X29A G-PARTS HRUDUDU フルドド

FF-X29A G-PARTS HRUDUDU フルドド

かつてのGファイターのコンセプトを継承した支援航宙機。
ガンダムTR-1[ヘイズル改]の支援ユニットであり、MSの“拡張”を目的とした設計によって各部がユニット化され、換装が出来るようになっている。エゥーゴ側のGディフェンサーとコンセプトは同じである。

左右非対称のバインダー(クローウイング、スラスターウイング)はAMBACとしての役割に加え、接続具、ハードポイントとして機能する。

クローウイングには蛇腹構造のアームがあり、武装の保持などに使用される。クローにはビームキャノンが固定装備され、サーベルとしても機能させる事が出来る。

続きを読む FF-X29A G-PARTS HRUDUDU Gパーツ フルドド HG

RX-121-3C GUNDAM TR-1 HAZE’N THLEY ガンダム TR-1 ハイゼンスレイ HG

RX-121-3C HAZE’N THLEY ハイゼンスレイ

RX-121-3C HAZE’N THLEY

ガンダムTR-1ハイゼンスレイは、TR-6で得られたノウハウを元に強化されたガンダムTR-1の最終発展型である。型式番号はRX-121-3C。TR-1のバリエーションの中で唯一「ヘイズル」の名を冠さない形態。

TR-6の中核ユニットとして開発された機体で、ウーンドウォートと同様の機能・能力が与えられている。そのため、TR-6各種強化パーツやユニットなど兵器システム全般との接続・運用が可能である。しかし、TR-6が破壊されたこともあって、実際に生産・運用されることはなかった。

続きを読む RX-121-3C GUNDAM TR-1 HAZE’N THLEY ガンダム TR-1 ハイゼンスレイ HG

RX-121-1 GUNDAM TR-1 HAZEL CUSTOM ガンダム TR-1 ヘイズル改 HG

RX-121-1 HAZEL CUSTOM ヘイズル改

RX-121-1 TR-1 HAZEL CUSTOM

RX-121-1 ヘイズル改は、ティターンズが試作した実験機である。
このため、型式番号RX-121の上二桁[12]はコンペイトウでの開発を、三桁目の[1]は開発番号を、そのまま意味している。TR計画において最初に開発された機体であり、TR-6開発の為のテストベッド機として、追加パーツなど各種テストを行うため拡張性に優れる。

ジムクウェルをベースに、頭部はガンダムを模した頭部ユニットを採用。ジム・クゥエルは、ティターンズ専用機として広く配備されており、メンテナンス時のパーツ互換性と信頼性が高い為採用された。同時に、既存の量産機をベースとする事で開発期間の大幅な短縮に繋がっている。

続きを読む RX-121-1 GUNDAM TR-1 HAZEL CUSTOM ガンダム TR-1 ヘイズル改 HG

光の教会 安藤忠雄 Church of Lights Ando Tadao

光の教会 安藤忠雄 Church of Lights Ando Tadao

「光の教会」の正式名称は、茨木春日丘教会。安藤忠雄の建築によく見られる打放しコンクリートで大阪の閑静な住宅街の中の街の教会です。
1989年、安藤さんの設計で建てられた。壁一面に十字架のスリットが設けられ、光が差し込む構造になっている。

FC2 ブログカスタマイズ iframeで埋め込んだ動画ファイルなどの画面をスマホサイズに変更する

FC2ブログで動画などの埋め込みオブジェクト(iframe)サイズを最適化する方法

スマホでブログを見た時に、はみ出さないように、画面サイズに合わせて最適化する(レスポンシブ)方法です。

FC2のオフィシャルデザインのBasic Whiteで検証しましたが、その他のデザインでも適用できるはずです。
youtubeなどの動画だけでなく、GoogleMapなどでも応用できます。

本文のiframe 要素をdiv要素で囲う

まず本文のiframe要素をdiv要素で囲います。

動画を任意サイズではみ出さないようにすることは、iframe要素だけではできません。

ここでは divタグにYoutubeというクラス名をつけています。
サイズは適当に1280pxにしました。

CSSに追記する

次にCSSに追記する内容です。

クラス名のところはサンプルではyoutubeにしています。

FC2の設定ではPC用とスマホ用それぞれのCSS追記をします。

微生物による自己修復材料とインフラの長寿命化

自己修復材料コンクリートの研究が進んでいる。コンクリートは強度や施工性という長所とひび割れやすいという短所がある。コンクリートを自己治癒できれば、長寿命化に貢献するほか、維持管理コストを下げることができる。
続きを読む 微生物による自己修復材料とインフラの長寿命化