エックスサーバーの評判をもとに調べてみました。

ウェブデザイナーのようなサイト制作を本業にしている方々に「サーバーはどこがいいの?」という質問をすると、何か特別にこだわることがなければ「エックスサーバーでいいんじゃないの」と回答いただくのでチェックしてみました。

キャンペーンを狙えば、無料で独自ドメインも付いてくることも。安いサーバーを選んでも独自ドメインを取得すれば、月額換算するとエックスサーバーと並んでしまうケースが多いのでお得です。

WordPressの管理の際に、プラグイン、MySQL、PHPなどのアップデートがついてまわります。

不具合が生じるリスクを最小化するのにバックアップ周りも考慮する必要があります。

SSLを導入するための証明書の取得やSSL環境を整えるための設定に費用や手間がかかります。がエックスサーバーなら無料でついてくるのでおすすめです。

最初は一番小さいx10からの運用で良いと思います。容量の変更は小→大は出来ますが、大→小が不可のことが多いので。

FF-X29A G-PARTS HRUDUDU Gパーツ フルドド HG

FF-X29A G-PARTS HRUDUDU フルドド

FF-X29A G-PARTS HRUDUDU フルドド

かつてのGファイターのコンセプトを継承した支援航宙機。
ガンダムTR-1[ヘイズル改]の支援ユニットであり、MSの“拡張”を目的とした設計によって各部がユニット化され、換装が出来るようになっている。エゥーゴ側のGディフェンサーとコンセプトは同じである。

左右非対称のバインダー(クローウイング、スラスターウイング)はAMBACとしての役割に加え、接続具、ハードポイントとして機能する。

クローウイングには蛇腹構造のアームがあり、武装の保持などに使用される。クローにはビームキャノンが固定装備され、サーベルとしても機能させる事が出来る。

続きを読む FF-X29A G-PARTS HRUDUDU Gパーツ フルドド HG

RX-121-3C GUNDAM TR-1 HAZE’N THLEY ガンダム TR-1 ハイゼンスレイ HG

RX-121-3C HAZE’N THLEY ハイゼンスレイ

RX-121-3C HAZE’N THLEY

ガンダムTR-1ハイゼンスレイは、TR-6で得られたノウハウを元に強化されたガンダムTR-1の最終発展型である。型式番号はRX-121-3C。TR-1のバリエーションの中で唯一「ヘイズル」の名を冠さない形態。

TR-6の中核ユニットとして開発された機体で、ウーンドウォートと同様の機能・能力が与えられている。そのため、TR-6各種強化パーツやユニットなど兵器システム全般との接続・運用が可能である。しかし、TR-6が破壊されたこともあって、実際に生産・運用されることはなかった。

続きを読む RX-121-3C GUNDAM TR-1 HAZE’N THLEY ガンダム TR-1 ハイゼンスレイ HG

RX-121-1 GUNDAM TR-1 HAZEL CUSTOM ガンダム TR-1 ヘイズル改 HG

RX-121-1 HAZEL CUSTOM ヘイズル改

RX-121-1 TR-1 HAZEL CUSTOM

RX-121-1 ヘイズル改は、ティターンズが試作した実験機である。
このため、型式番号RX-121の上二桁[12]はコンペイトウでの開発を、三桁目の[1]は開発番号を、そのまま意味している。TR計画において最初に開発された機体であり、TR-6開発の為のテストベッド機として、追加パーツなど各種テストを行うため拡張性に優れる。

ジムクウェルをベースに、頭部はガンダムを模した頭部ユニットを採用。ジム・クゥエルは、ティターンズ専用機として広く配備されており、メンテナンス時のパーツ互換性と信頼性が高い為採用された。同時に、既存の量産機をベースとする事で開発期間の大幅な短縮に繋がっている。

続きを読む RX-121-1 GUNDAM TR-1 HAZEL CUSTOM ガンダム TR-1 ヘイズル改 HG

光の教会 安藤忠雄 Church of Lights Ando Tadao

光の教会 安藤忠雄 Church of Lights Ando Tadao

「光の教会」の正式名称は、茨木春日丘教会。安藤忠雄の建築によく見られる打放しコンクリートで大阪の閑静な住宅街の中の街の教会です。
1989年、安藤さんの設計で建てられた。壁一面に十字架のスリットが設けられ、光が差し込む構造になっている。

微生物による自己修復材料とインフラの長寿命化

自己修復材料コンクリートの研究が進んでいる。コンクリートは強度や施工性という長所とひび割れやすいという短所がある。コンクリートを自己治癒できれば、長寿命化に貢献するほか、維持管理コストを下げることができる。
続きを読む 微生物による自己修復材料とインフラの長寿命化