RX-121-3C GUNDAM TR-1 HAZE’N THLEY ガンダム TR-1 ハイゼンスレイ HG

RX-121-3C HAZE’N THLEY ハイゼンスレイ

RX-121-3C HAZE’N THLEY

ガンダムTR-1ハイゼンスレイは、TR-6で得られたノウハウを元に強化されたガンダムTR-1の最終発展型である。型式番号はRX-121-3C。TR-1のバリエーションの中で唯一「ヘイズル」の名を冠さない形態。

TR-6の中核ユニットとして開発された機体で、ウーンドウォートと同様の機能・能力が与えられている。そのため、TR-6各種強化パーツやユニットなど兵器システム全般との接続・運用が可能である。しかし、TR-6が破壊されたこともあって、実際に生産・運用されることはなかった。

機体は[ヘイズル・アウスラ]を素体に、ハイゼンスレイⅡの上半身強化パーツをドッキングしたもの。[ヘイズル・アウスラ]のプリムローズとウーンドウォートのプリムローズIIを含めた胸部は同一規格のため、このような換装が可能であった。同時にヘッドユニットはオプションの専用タイプに換装され、フロントアーマーにはウーンドウォートの上半身(頭部を除く)をサブアーム・ユニットIIとして装備する。

携行武器はコンポジット・シールド・ブースターを1基装備。TR-6とのドッキングにより[ハイゼンスレイ]の上半身は、ジム・クゥエルからほぼ完全に一新され、実質的には別の機体と言っても過言ではないことから、新たにRX-121-3Cの型式番号が与えられた。[ハイゼンスレイ]はハイゼンスレイⅡと同様に、ファイバーⅡやダンディライアンⅡ、インレのコアユニットとして運用する計画も存在した。

The Gundam TR-1 HIZENSRAY is the final development type of the Gundam TR-1 that has been strengthened based on the know-how gained from the TR-6. The model number is RX-121-3C. The only form of TR-1 variation that does not bear the name “Hazel”.

It was developed as a core unit of TR-6, and has the same functions and abilities as Wounddwort. Therefore, it is possible to connect and operate with TR-6 various reinforced parts and units as well as general weapon systems. However, due to the destruction of TR-6, it was never actually produced or operated.

The mobile suits is based on [Hazel Ausula] and docked with the upper half strengthened parts of the Hizen Srei II. Since the chest including the Primrose of [Hazel Owsla] and Primrose II of Wounddwart has the same standard, such a replacement was possible. At the same time, the head unit is replaced with an optional special type, and the front armor is equipped with the upper part of the Wounddwart (excluding the head) as a sub-arm unit II.

The carrying weapon is equipped with one composite shield booster. Due to the docking with the TR-6, the upper body of [Haze’n-theley] has been completely redesigned from GM Quel, and it is not an exaggeration to say that it is actually another mobile suits, so the new RX-121-3C A model number was given. [Haze’n-thley] had a plan to operate it as a core unit for Fiber II, Dandy Ryan II, and Inle, as in the case of Haze’n-theley II.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください