YMS-15 GYAN ギャン HGUC

YMS-15 GYAN ギャン

YMS-15 ギャンは、ツィマット社が試作した格闘戦用MSである。
格闘戦に対応するため、流体パルスアクセラレーターをはじめとする新システムを搭載し、機体のレスポンスを高めていた。また、ビーム・サーベルを主兵装とするため、それを効率よく運用するための機体構造を有していた点も特徴である。しかし、格闘戦に特化した性能のために、ビーム・ライフルを装備し汎用性に秀でるYMS-14ゲルググとの次期主力MSをめぐるトライアルに敗れている。

YMS-15 Gyan is a combat type MS that ZIMMAD company has a prototype. To cope with combat, equipped with the new system, including a fluid pulse accelerator, it was to enhance the response of the aircraft. Further, since the beam saber is used as a main equipment, it is also characteristic that had the airframe structure to operate it efficiently. However, due to the specialized performance in combat, it is lost to trial over the next flagship MS of the YMS-14 GELGOOG excel in versatility equipped with a beam rifle.

MS-15-001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください